RoughAnimatorデータ→PSDへのコンバータ はてなブックマークに追加YAHOO!ブックマークに追加Share on Tumblr

はじめに

RoughAnimatorで作成したデータを各フレーム毎にレイヤを持った連番PSDファイルに変換するMS Windows用アプリケーションです。

画面イメージ

ダウンロード

以下のzipファイルです。
ra2psds.zip

インストールと起動

事前準備
動作にはJava Runtime 8以降(16で作成しています)の64bit版が必要です。
javaコマンドが利用できるようにセットアップしてください。
インストール
ダウンロードしたファイルを展開して出来るファイル/ディレクトリをそのまま好きなディレクトリに配置します。
その後、環境変数PATHに配置したディレクトリを追加してください。
環境変数
PATH
コマンドプロンプトから、javaコマンド、pngs2psdコマンドを打ち、エラーが起きなればインストール成功です。
コマンドテスト
起動
GUI版とCUI版があります。
GUI版は、展開したディレクトリ中のra2psdsGUI.batをエクスプローラからダブルクリックします。
GUI
CUI版は、展開したディレクトリ中のconf/cui.propertiesを編集した後に、ra2psdsCUI.batをエクスプローラからダブルクリックします。

操作

GUI
RoughAnimatorデータのディレクトリ(ダイアログではdata.txtを指定)を指定します。
Load
変換したPSDファイルを書き込むディレクトリを指定します。
Save
変換をクリックすると処理が始まります。
GUI
しばらく待って、成功した場合は「変換に成功しました」のダイアログが表示されます。
OK
エラーが起きた場合は、出力先ディレクトリ中に実行したバッチファイル(ra2psds.bat)とその標準出力ファイル(batout.txt)がありますので参照してください。またlogs配下にもログが出力されます。
CUI
事前にconfディレクトリ配下のcui.propertiesを編集します。以下はサンプルです。
inputdir=C:\\ra2psds\\sample\\変換テスト用.ra
outputdir=C:\\ra2psds\\sample\\out
bg=true
uniq=true
編集後に、コマンドラインやエクスプローラからra2psdsCUI.batを実行すると処理を行います。
別ディレクトリにcui.propertiesを作成した場合は、ra2psdsCUI.batを編集して、cui.propertiesのあるディレクトリを変更します。 エラーが起きた場合は、出力先ディレクトリ中に実行したバッチファイル(ra2psds.bat)とその標準出力ファイル(batout.txt)がありますのでbatout.txtを参照してください。