Pixia用フィルター各種 はてなブックマークに追加YAHOO!ブックマークに追加BuzzurlにブックマークShare on Tumblr

はじめに

Pixiaというフリーのグラフィックツール用のフィルターを作ってみました。 以下の種類があります。

境界線自動削除

機能

指定した色をセル塗りの境界色(色トレス線)とみなして周囲の適当な色で置き換えます。

処理前処理前
処理後処理後
ダウンロード
ファイル
インストール方法
ダウンロードしたファイル(pixfilt.zip)を展開すると、"ねこら"というディレクトリが作成されます。 これをディレクトリごと、Pixiaのインストール先の"filter"ディレクトリにコピーします。
インストールイメージ

その後、Pixiaを起動すると、フィルターダイアログに"ねこら"フィルターが追加されています。
フィルタダイアログ
利用方法
境界色に使えるのは、以下の色です。
  • 黒(0,0,0)
  • 青(0,0,255)
  • 赤(255,0,0)
  • 紫(255,0,255)
  • 緑(0,255,0)
  • 空色(0,255,255)
  • 黄色(255,255,0)
  • 白(255,255,255)
“グラデーション”を指定すると、単純に置きかえるのではなく、境界色を挟んでいる色と色でなめらかに補完します。
ダイアロググラデーションなし
ダイアロググラデーションあり
まぁこの例の様に余りにもわざとらしく色トレス線が太い(主線と接している)と、汚れますね。 そうそうこのフィルターはAniLa Paintというシェアウェアにヒントを得た(…っていうかそのままか)機能です。本物は最終処理ということでもっと凝った処理をされてますが、これはフィルターなのでその後編集するので割と安直です。

塗り残しドット削除

機能

指定した色(背景色)のドットの内、点在するもののみををセル塗りした後の塗り残しドットとして周囲の適当な色で置き換えます。指定色でも一定以上の面積があれば塗り残しとは判定されず、消去されません。

処理前処理前
処理後処理後
ダウンロード&インストール
境界線削除と同じです。
利用方法
塗り残し色とみなす色は、設定ダイアログで指定します。
ダイアログ
実はスポイト選択ボタンは機能しません。一応ピクチャーボックスに処理対象色が描かれますが、イマイチ不完全だったりします。エディットボックスに直接上記の下敷きの色をRGBで入力してください。すいません。 ちと効果が弱いですね。4*4では甘かったかな。